家電を手放すのにもお金がかかる!家電のリサイクルと料金

>

家電リサイクル法の対象の家電

家電リサイクル法の対象になるのは、大きく分けて4品目の家電です。

まず、エアコンが挙げられます。
エアコンは、基本的には家庭用のものすべてが当てはまり、よくある壁かけ型・床置き型のセパレート型エアコンやマルチエアコンの他、ワイヤレスリモコン、ウインドリモコンも対象です。

次に、テレビが挙げられます。
液晶テレビ、プラズマテレビ、ブラウン管テレビ、チューナー分離型のテレビなどが対象です。

冷蔵庫・冷凍庫も対象家電です。
保冷庫や冷温庫、ワインセラーも含まれるので注意が必要です。

最後に、洗濯機と衣類乾燥機が挙げられます。
洗濯乾燥機、全自動洗濯機、2槽式洗濯機などが対象です。

いずれも、業務用のものや、似た機能を備えた別の家電などについては、対象外になっていることが多いです。
特殊な家電については、事前に調べておきましょう。

付属品に注意

家電リサイクル法では、その家電本体だけでなく、付属品も対象になっていることがあります。

エアコンの場合は室外機が対象であることは比較的有名ですが、エアコンの室内機用の取付金具、商品同梱の工事部材、一体型の純正据付部材も対象になるため要注意です。
テレビの場合、電池を除いたワイヤレスリモコンや、付属の専用スピーカーも対象になるようです。
冷凍庫の製氷機、付属のかごなどの細かいパーツも対象内なので、そのまま捨てないようにしましょう。
洗濯機も同じく、付属の洗濯かごは対象になります。

逆に、テレビ台や電池など、家電リサイクル法の対象にならない付属品は家電リサイクル法の手順で回収してもらえないので、事前に知っておきましょう。


特定家庭用機器とは?

この記事をシェアする