家電を手放すのにもお金がかかる!家電のリサイクルと料金

>

小売店に引き取りを依頼する

家電リサイクル法では、条件に当てはまる場合、小売店に特定家電を引き取る義務が生じます。
家電の買い替えに伴う旧型の家電の廃棄や、購入した小売店が分かっている場合などは、小売店に連絡することで引き取ってもらえます。
どこで買ったか分からない場合や、通販や引っ越しで店舗が遠方の場合、購入した店舗がなくなっている場合には、提携先の店舗を探すか、別の方法で処理をする必要があります。

小売店が引き取りの義務を課せられていると言っても、リサイクル料金を支払うのは消費者であるため、当然リサイクル料金は支払わなくてはなりません。
加えて、自宅まで引き取りにきてもらうには、運搬料がかかります。
家電の種類や大きさ、店舗にもよりますが、3000円から1万円程度であることが多いようです。

お金をかけずに廃棄

自分で指定引き取り場所に持ち込みをすることで、運搬料をかけずに廃棄することができます。
方法としては、郵便局に備え付けられている「家電リサイクル券」に記入し、窓口で料金を支払います。
その後、自分で家電を指定の場所に持ち込めば、リサイクル料金のみで家電を廃棄できます。
比較的軽い家電の場合にはおすすめです。

また、まだ使える需要のある家電については、中古品買取業者に買い取ってもらえる可能性があります。
とはいえ、古いものや汚れているものの場合は買い取ってもらえないことがありますので、依頼する際は無料で事前査定や出張買取をしてくれる業者にお願いするといいと思います。
人気のモデルの場合、引き取り費用がかからないだけでなく、高額な買取金額がつくこともあります。
環境にも一番優しい方法なので、まずは依頼してみることをおすすめします。


どんな手順で廃棄する?

この記事をシェアする